木工・DIY

木工・DIY道具辞典

穴あけ

穴あけに関係する工具を紹介しています。
電気ドリルなどは、「電動工具」のページに掲載しています。

■木工ドリル

ビットとも言います。
木工ドリルは、長さによってショートビット、ドリルビット、ロングドリルなどと呼びますが、厳密な決まりがあるわけではありません。
メーカーによって呼び方や長さの基準が違いますので、使用目的によって長さを選べば良いでしょう。
それよりも使う道具によって使用するビットが違い、選択を間違えると怪我につながる場合もありますので、注意が必要です。


市販されている木工用ドリルの先端部は「ネジ状」と「三角状」の二種類があります。


先がネジ状のビット

使用工具

電動ドリル、インパクトドリルなど手で持って使用する工具で使用します。

特徴

ドリルの回転により材にネジが食い込んでいくので、力を入れなくてもスムーズに穴あけが出来ます。

用途

主に貫通穴をあけるのに使用します。材の途中までの穴をあける場合も使用できますが、逆回転しないとドリルが抜けないので作業性が悪くなります。
また、スイッチを切っても惰性で回るので、一定の深さの穴をあけるのには不向きです。

注意

ボール盤では絶対に使用しないこと。

ボール盤で使用するとネジが材に食い込む事によって、材を引き上げる力が働きます。

この力によって材が振り回されて怪我をする事があります。また、ビットが曲がったり、折れる場合もありますのでボール盤での使用は絶対に止めてください。
ボール盤では、先が三角状のビットを使ってください。(やむをえず、ボール盤で使用する場合はネジの部分をヤスリで削り落としてください。)


先が三角状のビット

使用工具

ボール盤(電動ドリルでも使用は可能)

特徴

ビットを材に押し付けないと穴があかないので、材の途中までの穴をあけるのに便利。特に一定の深さの穴をあける場合はこちらのタイプでないと正確な深さの穴をあけるのは無理です。

用途

材の途中までの穴をあける。一定の深さの穴をあけるのに適しています。勿論、貫通穴も可能です。

注意

電動工具でも使用する事はできますが、ある程度の力を加える必要があります。そのため、力の入れ方によってはビットを曲げたり折ってしまうことがありますのでお勧めしません。特に細いビットの場合は注意が必要です。

基本的にはボール盤で使用するためのビットと考えた方が良いです。


■下穴錐
割れやすい木や材料の端の部分に木ねじを使用する時、この下穴錐で穴をあけてから木ねじを締めると割れを防ぐ事が出来ます。
また、堅い木に木ねじを締める場合も下穴錐で穴をあけてから締めると木ねじが折れたり、頭が潰れるのを防ぐ事が出来ます。
電気ドリルに取り付けて使用します。

■皿錐(皿取錐) 
ウッドデッキなど、木ねじの頭を木材に沈める時に使用します。
上記の下穴錐と一体になったものを使用すると、皿取と下穴あけ一度で出来るので便利です。

■ダボ錐
棚受け用のダボ穴や、隠し釘、木ねじの頭を埋める時などに使用します。
ストッパーが付いているので一定の深さの穴をあけることができます。

■フォスナービット

フォスナービットは、貫通しない比較的浅い穴をあけるのに適したビットです。

他のドリルとは違った形状をしており、この独特の形状により、他のドリルでは加工できない特殊な加工が出来ます。


特徴1

材に対して斜めに切り込むことが出来ます。通常のドリルで斜めに穴を開けようとすると、刃先が逃げてしまいうまくいきませんが、フォスナービットなら可能です。

特徴2

穴の底の部分が平らに綺麗に削れます。(センターの跡は残ります。)

特徴3

大きな穴をあける事が出来ます。市販されている木工ドリルの直径は36mmが最大ですが、フォスナービットは50mm以上のサイズがあります。


以上のような特徴から、時計のムーブメントやオルゴールを組み込む穴をあける時などによく使用されます。


■コンパネビット
コンパネの穴あけに使用します。

■鉄工用ドリル
一般的な鉄工用のドリルです。

鉄、アルミ、真鍮などの金属やプラスチック、木材への穴あけにも使用できます。

ドリルの材質によっては、ステンレスには使用できないものもありますので注意が必要です。

ステンレスに使用する場合は、「ステンレス用」と明記してあるもの、あるいは「ステンレスに使用できる」旨の表示があるものを選んでください。


■コンクリートドリル
コンクリート、モルタル、レンガなどに使用するドリルです。
回転用、振動用、両用があり、回転用は通常のドリルで使用し、振動用は振動ドリル(ハンマードリル)で使用します。両用はどちらでも使用できるタイプです。

■ピンバイス
主に3mm以下の小さな穴をあける場合に使用します。 細いドリルを電動ドリルなどでで使用すると、ちょとした力の加減で折れてしまいます。 こんな時はピンバイスにドリルを付けて、指先で回しながら穴を開けます。

■ホールソー
電気、水道、空調の配管など、主にドリルでは開けることが出来ない大きな穴をあけるのに使用します。
木工用や金属用があります。
同じ形状でコンクリートに使用するコアドリルと呼ばれるものもあります。

■角のみ
ホゾ穴など角穴をあけるのに使用します。

四角い刃物の中にドリルが入っていて、ドリルで穴を開け、その周りを四角い刃物で削り落とし四角い穴をあけます。

専用の角のみ機に付けて使用しますが、電動ドリルに専用のスタンドを付けて使用できるものもあります。


■のみ
ホゾ穴などを角のみを使わずにあける場合は、のみを使います。

一口にのみといってもいろいろな種類がありますが、ホゾ穴などを掘るには「叩きのみ」あるいは「追入のみ」と呼ばれるのみを使用します。
これらののみは、柄の部分をかなづちでたたいて使用するため、「かつら」と呼ばれる金属の輪がはめてあります。
一方、たたかないで使用する「突きのみ」には「かつら」はついていません。


■三つ目錐(きり)
四つ目錐よりも大きな穴をあけることができ、主に貫通穴をあけるのに使用します。

■四つ目錐(きり)
細い円錐状の穴をあけるのに使用します。
割れやすい材に釘を打つ時の下穴をあけるのに使用します。

■パワーピット
刃を調整する事により、1つの刃物で小さな穴から大きな穴まで、自在に開ける事が可能です。
一箇所の穴あけのため、そのサイズのドリルを買うのは無駄です。そんな時はこれがあると便利です。

■ドリルガイド
ドリルで垂直な穴をあけるのは難しいものです。
また、材の角や丸いものに穴をあけるのも技術を要します。
こんな時このドリルガイドを使うと簡単に精度の高い加工ができます。

■ポンチ
ベルトなど、主に皮に穴をあける時使用します。
1mmくらいから大きいものだと50mmくらいまで、色々なサイズがあります。
皮などに刃先を置いてかなづちでたたきます。