木工・DIY

木工・DIY道具辞典

削る・磨く

削ったり、磨くための道具を紹介しています。

■鉋(かんな)
大工道具の中でもっとも技術を要するのが鉋ではないでしょうか。
刃物の研磨、台と刃の調整などがきちんとできないと綺麗に削ることは出来ません。
しかし、薄くて長い鉋クズがシューと出るのは気持ちが良いものです。
是非挑戦したい道具ですね。

■鉋(替刃式)
カンナに限らず、刃物は使えば徐々に切れ味が悪くなります。
そうなると刃を研がなくてはならないわけですが、これが素人にはなかなか難しい作業となります。
そこで、便利なのが替刃式の刃物です。
刃物の研ぎ方を勉強するのも結構ですが、趣味で使うのなら替刃式にして、刃物を研ぐ時間を他の作業に使った方が時間を有効に使えます。
実は、プロでも替刃式の刃物を使う人が増えています。刃物を研ぐ時間を作業時間にまわした方が効率がいいですから。


■南京鉋
南京鉋は、曲面やへこんだ面を削る時に使います。
例えば椅子の座面や背もたれなどを削るには欠かせない道具です。

■そり鉋
そり鉋は、台が反っていて曲面の内側をけずるための鉋です。
用途は南京鉋と似ていますが、南京鉋が三次曲面を削れるのに対し、そり鉋は二次曲面しか削れません。
比較的ゆるい曲面を削るのに適しています。

■豆鉋
豆鉋は、主に楽器や家具などの細かい部分の加工に使用します。
平面だけでなく、曲面や際を削るためのものなど様々な種類があります。

■面取鉋
名前のとおり、角の面を取るための専用の鉋です。
台の部分は2本のボルトでつながれていて、台の間隔を変えることで面の大きさを変えることができます。
(巾を変更できないタイプもあります。)

■のみ
のみはホゾ穴の加工、彫刻などに主に使用します。

一口にのみといってもいろいろな種類がありますが、ホゾ穴などを掘るには「叩きのみ」あるいは「追入のみ」と呼ばれるのみを使用します。
これらののみは、柄の部分をかなづちでたたいて使用するため、「かつら」と呼ばれる金属の輪がはめてあります。
一方、たたかないで使用する「突きのみ」には「かつら」はついていません。

のみは、用途や刃先の巾、形など非常に多くの種類がありますので使用目的にあったものを揃える必要があります。


■ヤスリ
ヤスリは木や金属、プラスチックなどを削るための道具ですが、用途や形などによって沢山の種類があります。
用途:木工、鉄工、プラスチック、目立てなど
形:平、丸、角、三角、半丸など

■サンドペーパー
サンドペーパーの裏には数字が書いてあり、粒度を表しています。
数字が小さいほど荒く、大きいほど細かくなっています。
最初は荒いもので研き、徐々に細かいもので研くと効率よく、綺麗に仕上がります。
木工の場合の目安
荒 80〜120 中仕上 150〜240 木地仕上 320 塗面研磨 400〜600
*材料や仕上げ方法などにより変りますので、あくまでも目安としてください。
粒度 空研ぎ研磨紙 40〜800 耐水研磨紙 60〜2000
材質:紙、耐水紙、布など
用途:空研ぎ、水研ぎ、油研ぎ
研磨方法:手、サンダー(オービタルサンダー、ベルトサンダー、ドラムサンダーなど)
使い方:
平らな面を研く場合は、木片に巻き付けたり、貼り付けて使用します。サンディングブロックという専用の道具もありますが、木片に1mmくらいのシート状のゴムを貼り付けた物があると便利です。
このような道具を使わないで指先だけで研くと部分的に力が入ってしまい、平らに研く事はできませんので必ず道具を使ってください。
また、曲面の内側などは丸棒に巻いて使用すると綺麗に研けます。
小さい物を研く場合は、ベニヤ板など平らな板にサンドペーパーを両面テープで貼って、研く物の方を動かすと研きやすいです。
細かい部分を研く場合は、ベニヤ板などを細く切ってそれにサンドペーパーを貼り付け、ヤスリのように使うと便利です。
最初から裏に糊がついているものや、マジックテープになっているサンドペーパーもありますが、業務用なので一般の人が入手するのは難しいかもしれません。
注意:サンドペーパーといっても、要するにヤスリですので手で直接触れた状態で作業をすると怪我をする事があります。
目の細かいサンドペーパーでも長時間作業をすると、手の皮が徐々に削れて痛くなる事もありますので手袋をするなどして怪我をしないように使ってください。

■ルータービット
ルーターやトリマーに取り付けて溝を掘ったり、面をとるための刃物です。
もっとも一般的なストレートビットの他にも、U溝、V溝、坊主、ギンナン、ヒョウタンなど様々な形のルータービットがあります。

■軸付き砥石
ドリルなどに取り付けて、金属のバリ取や、研磨、面取りに使用します。
用途に合わせた種類を選んで使用してください。