木工・DIY

木工・DIY道具辞典

プロ用木工機械

主にプロが使う木工機械を紹介しています。
参考までにどうぞ。
■バンドソー
バンドソー

写真提供:リョービ株式会社

上下のプーリーに掛けられた、ベルト状の鋸を回転させて木材などを切ります。
主に木材の挽き割りに使用しますが、金属用の物もあります。
また、大きさも様々で、卓上型のものから、製材所で使う大型のものまで各種あります。

■横切盤
横切盤

写真提供:協和機工株式会社

名前のとおり、木材の横切りに使用します。
高速で回るチップソーと、スライドするテーブルによって高精度で、切断面の綺麗な加工が出来ます。
また、丸鋸を傾斜できるタイプの横切り盤もあり、精密な角度切りができます。

■小型横切盤
小型横切盤

写真提供:協和機工株式会社

小型の横切盤です。
小物の加工や額縁などの留め切りなど高精度の加工に適しています。

■パネルソー
パネルソー

写真提供:協和機工株式会社

主に合板など幅広の板の切断に使用します。
のこぎりが付いた機械のほとんどは、材料の方を動かして切断しますが、パネルソーは材料を固定しておき、鋸が移動して切断します。
これにより機械を縦型にすることができ、設置面積が少なくてすみます。

■手押鉋盤
手押鉋盤

写真提供:リョービ株式会社

荒材の平面を削って平らにします。また、その面を基準にして直角に削る事も出来ます。

■自動鉋盤
自動鉋盤

写真提供:リョービ株式会社

手押鉋盤で削った平面を基準にして、反対の面を削って厚さを一定にします。

■万能機
万能機

写真提供:リョービ株式会社

手押鉋盤、自動鉋盤、丸鋸盤を一台にまとめた機械です。
スペースが無い小さな工房などでは場所をとらないので便利ですが、使い勝手は単独の機械より劣ります。

■ボール盤
ボール盤

写真提供:リョービ株式会社

木や金属などに穴をあけるための機械です。
材料に対して正確に垂直の穴を開ける事ができます。また、テーブルを傾けて傾斜した穴をあけることも出来ます。
治具を使えば、沢山の材料の同じ位置に効率よく穴を開ける事ができます。
最近はホームセンターでも小型のボール盤が売られていますが、安いものは作りが悪く、加工精度はよくありません。

■角のみ盤
角のみ盤

写真提供:リョービ株式会社

ホゾ穴を掘るための機械です。
専用の刃物を使う事により、四角い穴を開ける事ができ、短時間で精度の高いホゾ穴を加工することが出来ます。
建具や家具など比較的小さなホゾ穴をあけるための据付型の角のみ盤と、建築用の大きなホゾ穴を加工するための移動型の角のみ盤があります。

■糸鋸盤
糸鋸盤

写真提供:旭工機株式会社

業務用の糸鋸盤です。
小型のものに比べて、ふところが広いので大きい材料の加工ができます。
また、機械自体の重量があるので振動が少なく、切り口が綺麗です。

■糸鋸盤(横向き型)
糸鋸盤(横向き型)

写真提供:旭工機株式会社

業務用の横向き型の糸鋸盤です。
通常の糸鋸盤とは作業位置が90度ずれる為、狭い場所への設置が可能になります。
(写真の手前側が作業位置になります。)

■ルーターマシン
ルーターマシン

写真提供:庄田鉄工株式会社

上側にルータービットを取り付けます。その真下のテーブルにはピンがあり、それを倣いにして、彫る、削る、切り抜くなどの加工ができます。

■NCルーター
NCルーター

写真提供:庄田鉄工株式会社

NC(数値制御)によりサーボモータを制御し、刃物及びテーブルを移動させ自動で加工を行なう機械です。
ルータービットを使用することが多いですが、ドリルや丸鋸、カンナなどをつけられるものもあります。
パソコンで図面を描き、それを元にNCプログラムという機械を制御する為のプログラムを作り、そのプログラムにより機械を動かします。
反復生産に向き、使う人の技術に左右されない一定品質の加工が出来ます。

■面取盤
面取盤

写真提供:庄田鉄工株式会社

木の縁を面取りしたり、額縁などの飾り面を作るのに使用します。
卓上型の小型の面取盤もあります。
大型の面取盤は、カッター刃と呼ばれる大きい刃物を使用し、小型の機械はルータービットを使用します。

■コーナーロッキングマシン
コーナーロッキングマシン

写真提供:庄田鉄工株式会社

箱物の組子接合加工をするための機械です。
カッター刃とワッシャを交互に組み合わせた刃物で簡単に組子加工が出来ます。

■木工旋盤
木工旋盤

写真提供:協和機工株式会社

主にテーブルの脚など、長細いものを丸く加工する時に使います。
材料の両端を押えて回転させ、バイトと呼ばれる刃物で削ります。

■集塵機
集塵機

写真提供:協和機工株式会社

移動式の集塵機です。
キャスターによって移動できますので、工房や小さな工場など、配管式の集塵装置が設置できない、あるいはそこまでは必要ない場合に重宝します。

■ワイドベルトサンダー
ワイドベルトサンダー

写真提供:協和機工株式会社

大型のベルトサンダーです。
幅広のベルトが回転していてそこへ材料を送り込むと研磨されて出てきます。
テーブルの天板など、広い材料を均一に研磨できるので、家具工場などには欠かせない機械です。
ベルトの巾は30センチ位から、広いものは130センチ位まで研磨できるものがあります。

このページに掲載の写真は各メーカーより掲載許可をいただき使用しています。複製やリンクなどはしないで下さい。