木工・DIY

木工・DIY道具辞典

切る

ノコギリには用途や素材の違いにより様々な種類があります。
ノコギリは切れなくなったら目立てという作業を行い、切れ味を取り戻すのですが、現在では替刃式のノコギリが数多く販売されています。
最近はアマチュアだけでなく、職人でも替刃式のノコギリを使う人が増えています。



■ノコギリ(縦挽き)
木材の繊維と平行に切る時に使用します。
歯は横挽きよりも大きく、木の繊維を切り裂く構造になっています。
(写真は替刃式)

■ノコギリ(横挽き)
木材の繊維と垂直に切る時に使用します。
歯は縦挽きよりも小さく、木の繊維を切断する構造になっています。
(写真は替刃式)

■両刃ノコ
片側に縦挽き、反対に横挽きの歯を付けたノコギリです。
日曜大工などで使うなら替刃式の両刃ノコをおすすめします。
刃の長さは210mm、240mm、270mm、300mmといったところが一般的です。

■胴付ノコ
ホゾなどの精密な加工が必要な部分に使用します。
精密な加工をするためには出来るだけ刃が薄い方が良いのですが、そうするとノコが曲がったり折れやすくなります。
そこで背の部分に補強を入れて曲がりにくくしたのが胴付ノコです。
歯は横挽きです。

■廻挽きのこ
緩やかな曲線を切るのに使用します。
材料に対して常に垂直方向に動かして切ります。
無理な力をかけると曲がってしまうのでゆっくり丁寧に挽くのがコツです。

■糸鋸(ジグソー)
弓のような本体に細いノコ刃を取り付けた構造になっていて、曲線を切るのに使用します。
また、板の中ほどを切り抜く時にも使用します。

■竹挽のこ
目が細かく竹を切るのに適しています。
竹の繊維は硬く、普通のノコギリで切ると刃をいためる事があるので、竹を切るときは竹挽き用のノコギリを使った方がいいです。
また、竹挽き用のノコギリで切った方が、切り口にカエリが出ず綺麗です。

■金切りのこ
鉄やアルミなどの金属や塩ビなどを切るのに使用します。
■カッターナイフ
刃が切れなくなったら、刃先を折る事によって常に切れ味を維持できる、替刃式のナイフです。
サイズや用途など様々なカッターナイフが販売されています。
★いろいろなカッターナイフ★

■切り出しナイフ
主に彫刻など木を削るのに使用します。
切れ味が悪くなくなったら砥石で研いで使用します。
最近はカッターナイフのように替刃式のものも販売されています

■電工ナイフ
主に電気工事に使用します。
電線の被服を剥いだり、ベニヤ、ボードなどに四角い穴を開けたりします。
★いろいろな電工ナイフ★

■ペンチ
針金や銅線などを切ったり、曲げたり、特に電気工事などでよく使います。
他にもネジを回したり、釘を引き抜いたりと色々な使い方ができる工具です。
ちなみに英語ではプライヤと言います。(ニッパ、ラジオペンチなども含めてプライヤと呼びます)
★いろいろなペンチ★

■ニッパ
主に電線など銅線や細い針金などを切ったり、電線の被服を剥ぐのに使用します。
また、アクセサリの加工などでも使用します。