木工・DIY

木工・DIY道具辞典

固定・接着

加工する時や接着の時、材料を固定したりするための道具を紹介します。


■ハタガネ
古くから使われている締付具のひとつです。
いろいろなサイズがあり、接着の固定や材をまとめて墨つけする時などに使用します。
構造上あまり強力な締付は出来ませんので、比較的小さなものの固定に向いています。

■L型クランプ
締め付ける物の厚さに応じて簡単に巾を変えられ、短時間で締め付けることが出来るクランプです。

■Fクランプ
家具などの大物の組み立てに使う、1m以上のものもあります。

■Cクランプ
比較的薄いものを締め付けるたり、固定する時に使用します。
鋼板製のものは安価ですが、あまり強く締めるとネジの部分がバカになり使えなくなるので注意が必要です。
強力に締めたい場合は下の鋳鉄製のものを使用した方が安心です。
鋳鉄製のものは、鋼板製のものより強力に締め付けられます。

■コーナークランプ
箱や額縁などのコーナー部分の接着に使用します。

■ポニークランプ
大型の家具の組み立てや、テーブルの天板を接ぐ時に便利なクランプです。
支柱の部分はガス管を使用しますので、かなり長いものでも挟むことが出来ます。
クランプの部分だけを買って、ガス管は近所のガス工事の会社で加工してもらえば、好みの長さのものが作れます。
また、長さの違うガス管を何種類か用意しておき、作るものによって付け替えると使いやすいです。

この商品はこちらで購入できます。→ オフ・コーポレイション

■ウッドクランプ
木製のクランプですので材料を傷つけずに固定できます。
ネジの部分の締め方により、V字や八の字に締める事もできます。

この商品はこちらで購入できます。→ オフ・コーポレイション

■自在コーナークランプ
額縁や箱などの組み立てに便利な道具です。
四角だけでなく、三角や丸いものも締められます。

この商品はこちらで購入できます。→ オフ・コーポレイション

■トグルクランプ
ワンタッチで材料を固定することが出来ますので、同じものを大量に作る場合など便利です。
写真以外にもいろいろなタイプがあります。

トグルクランプについての詳細は、製造元のこちらのサイトをご覧ください。→角田興業

この商品はこちらで購入できます。→ オフ・コーポレイション

■ダブルクリップ
ご存知書類などをはさむクリップですが、木工でも利用できます。
クリップの中ではかなり強力ですので、小物の接着には十分使えます。あまり厚みのあるものには使えませんが。
特に強力である必要がないのなら、洗濯バサミや目玉クリップなど身近なものでも使えるものがいろいろあります。

■輪ゴム・ゴムバンド
輪ゴムや幅広のゴムバンドも接着時の固定具として使えます。
特にゴムバンドは、巾や長さがいろいろあるので箱や額など小物の接着には重宝します。
幅広のゴムバンドはかなり強力ですので、使い方によってはハタガネの代わりにもなります。


■PPバンド
荷造り用のPPバンドも接着時の固定などに使えます。
例えば板を接ぐ時など、ストッパーでつなぎ、少し緩めの輪にします。
そして、PPバンドと板の間にクサビを差し込めば結構しっかり固定できます。
また、ゴムバンドと組み合わせる事によって大きな額縁などの接着に使う事も可能です。

■両面テープ

両面テープも意外と用途があります。
例えば、板材に他の材を正確な位置に木ねじでとめたい場合、いきなり木ねじでとめるとずれる場合があります。
こんな時、両面テープで仮止めしておくと正確にとめることが出来ます。
また、糸鋸でジグソーパズルを作る時など、スプレー糊で型紙を板に貼りますが、両面テープでも代用できます。
しかし、普通の両面テープは材質が紙ですので剥がす時にちぎれてしまいきれに剥がせないことがあります。
こんな時は、フィルムで出来た両面テープ(写真下)を使うと綺麗に剥がせるので便利です。