木工・DIY

木工・DIY道具辞典

締める・緩める

ボルト、ナット、木ねじなどを締めたり、緩めるための道具を紹介します。
ドライバーやレンチは同じサイズでも材質の違いや加工精度などによって値段に大きな差があります。
極端に安いものはすぐに欠けたり、なめてしまって使えなくなる場合もありますので、ある程度良いものを買っておく事をおすすめします。


■ドライバー

ビスや木ねじを回すのに使用します。(知らない人はいないでしょうが)
一般的なプラス、マイナスの他にも時計などの小さなネジに使用する精密ドライバーなど色々な種類があります。
一番使う事の多い、プラスドライバーは#1、#2、#3の3種類の規格があり、先端部分の大きさが違います。
ホームセンターなどで販売されているビスには、どのドライバーを使用すれば良いか書いてあります。
ネジにあったサイズのドライバーを使用しないと、ネジの溝を潰してしまい回すことが出来なくなるので注意が必要です。


余談ですが、マイナスドライバーはピッキング防止法の「指定侵入工具」に指定されており、正当な理由がないのに隠して携帯すると処罰されるそうです。
もし、マイナスドライバーを持ち歩く事がある場合は、正当な理由が説明できるようにしておく必要があります。


■貫通ドライバー
ネジを回す金属部分が柄の中を貫通していて、ハンマーで叩く事ができるドライバーです。
錆びたネジや、硬いネジを緩める時ドライバーの頭の部分をハンマーでたたいてショックを与え緩めます。

■ボックスドライバー
小さなナットを回すためのドライバーです。
小さなナットはスパナなどでは大きすぎて使いにくいので、このボックスドライバーを使った方が作業しやすいです。
各種サイズがセットになっていて、差し替えて使うタイプもあります。

■六角レンチ
六角ボルトを締めたり緩めるのに使用します。
機械や組み立て式の家具などに付属している場合は、単品ですが、サイズの違う数種類をセットにしたものが多く販売されています。
六角ボルトは、より強力に締め付けたい部分に使用します。
特に小さなビスはドライバーではねじ山が潰れやすく、強力に締め付けるのは困難ですが、六角ボルトなら大丈夫です。

■スパナ
六角ナットを締めたり緩めるのに使用します。
ナットの大きさに応じたサイズのスパナを使用する必要があるため、様々なサイズがあります。
サイズの違うものが両端についた、両口スパナが一般的です。

■モンキーレンチ
スパナはサイズが固定ですが、モンキーレンチはナットを挟む部分が自在に開いて、様々なサイズのナットを回すことが出来ます。

■めがねレンチ
通常のスパナは二点でボルトやナットを捉えますが、めがねレンチは六点で捉えます。
そのため均等に力がかかり強力に締めたり、緩める事が出来ます。
また、リング状ですのでボルトやナットから外れにくく作業性が向上します。
更に、スパナでは無理な力を加えると、ボルトやナットの角をなめる事がありますが、めがねレンチはほとんどありませんので出来るだけめがねレンチを使用することをおすすめします。
ただし、構造上使えない場所もありますので、通常のスパナも必要です。

■コンビネーションスパナ
片側は通常のスパナ、反対側に同じサイズのめがねレンチがついたスパナです。
ナットの種類や回す位置などによって使い分ける事が出来ます。

■ラチェットレンチ
ツマミを切り替えることにより、「締める」「緩める」のどちらかを選択でき、ハンドルを左右に動かすだけで締めたり緩めたり出来ます。
スパナやめがねレンチと違い、途中でナットから外してはめ替える必要がないので、スピーディーな作業が出来ます。

■パイプレンチ
水道管などのパイプや、大きなナットなどを回すのに使用します。
挟む部分はギザギザになっていて、パイプに喰い込みますので丸いパイプでもしっかりと挟んで回す事ができます。

■ウォーターポンププライヤー
水道管のパイプやナットなどを挟んで回すのに使用します。
パイプレンチほど大きな力はかけられませんが、狭い場所での配管作業などに威力を発揮します。