木工・DIY

木工・DIY道具辞典

手入・掃除

刃物や道具の手入に必要な道具や掃除用の道具を紹介します。


■砥石
刃物の研磨に欠かせないのが砥石です。
日本で砥石といえば水をかけて使用するものが一般的です。
本来は天然石でしたが、現在では人口的に作られたものがほとんどです。
また、セラミック製やダイヤモンドの粒子を混ぜたものなどいろいろな種類があります。
粒子の大きさにより、荒砥(120)、中砥(1000)、仕上砥(5000)などがあり、ノミやカンナの刃が切れなくなったら中砥→仕上砥で研ぎます。刃こぼれした刃物は荒砥→中砥→仕上砥で研ぎます。(粒子の数字は大体の目安です。また、中荒砥、中仕上砥というように兼用に使えるものもあります)

■ダイヤモンド砥石
ダイヤモンドの粒子をセラミックで固めるなどして作られた砥石です。
普通の砥石のように擦り減ることがほとんどないので、いつまでも平らな状態で使用できます。
また、超硬鋼、ハイス鋼、セラミック、ステンレスなど普通の砥石では研げないものも研ぐ事が出来ます。
粒子が硬いため早く研ぐ事ができますが、最後の仕上げは通常の砥石で研いだ方が切れ味はいいようです。
ですので中砥と考えるといいかもしれません。
普通の砥石に比べると高価ですが、短時間で研げることや、擦り減りにくい事などを考えると決して高いものではありません。

■油砥石(オイルストーン)
日本の一般的な砥石は水をかけて研ぎますが、油砥石はその名のとおり、水の代わりに油をかけて研ぎます。
油砥石はアルミナなど堅い物質で作られているため、鉄や鋼などの抗張力の高いものの研削や、取り代の多い研削に最適です。
しかし、カンナやノミの刃のように鋭い切れ味をだすのにはあまり向いていませんので、これらの刃物は水砥石を使用した方が良いです。

■シャープニングガイド
ノミやカンナの刃は慣れないとなかなかうまく研げません。
特に初心者は、砥石と刃物の角度を一定に保つ事が出来ず刃先が丸くなってしまい、せっかく研いでも切れ味が良くならないのです。
シャープニングガイドを使えば、誰でも簡単に一定の角度で研ぐ事ができ鋭い切れ味に出来ます。

■シリコンスプレー
機械のテーブルやスライド部分のすべりを良くしたり、錆び止めの効果があります。
すべりが悪いと思わぬところで怪我をしたり、加工精度が悪くなったりします。
必ず作業場に1本用意しておきましょう。

■金剛砂
カンナの刃の裏出しをする時に使用します。
少量の水で練って金盤に乗せて刃を研ぎます。

■金盤(かなばん)
カンナの刃の裏出しに金剛砂と共に使用します。

■エアダスター
エアーコンプレッサーの高圧エアーを使って、機械上のほこりや切り屑などを吹き飛ばしたり、体に付いたほこりを飛ばすのに使用します。
機械の奥など手の届かない所にも使えるよう、ノズルが長いものもあります。
(コンプレッサーは電動工具のページで紹介しています。)

■ミニほうき
作業台の上を掃除したり、電動工具のほこりを掃ったりと作業場にひとつあると便利です。